市販スーパーで買うときに気を付けるべきおいしいエクストラヴァージンオリーブオイルの選び方

使い分けると健康的だったエクストラヴァージンオリーブオイルとサラダ油の効果の違いを比較 生活
使い分けると健康的だったエクストラヴァージンオリーブオイルとサラダ油の効果の違いを比較

市販スーパーで買うときに気を付けるべきおいしいエクストラヴァージンオリーブオイルの選び方

オリーブオイルは高級品だけれど炒め物や揚げ物に使うと味がグッと引き立っておいしいですよね?

しかし市販のスーパーでエクストラヴァージンオリーブオイルを買うときには気を付けなければならないことがいくつかあります

せっかくオリーブオイルを買ったのに味がまずかったり、変な匂いがしたりすることはありませんか?

日本にはまだオリーブオイルに関する法律がなく品質偽装されたオリーブオイルが出回っているためどれが本物のオリーブオイルなのか見分けるのが難しいと思います

今から書く本物のオリーブオイルの見分け方の基準を満たしていなければあなたは間違った健康に悪いオリーブオイルを間違った選び方で買っているのかもしれませんよ、それではいってみましょー(*’▽’)♪

料理のプロも認める最上級のオリーブオイル!『オリーブハート』

オリーブオイルを買うときは遮光されている瓶タイプを選ぼう

おいしいオリーブオイルを買うときにまず注目して見て欲しい所はボトルが遮光されているかとゆう所を見てみてください

プラスチック容器に入っているオリーブオイルとゆうかオリーブ自体が酸化しやすくオリーブの風味や酸味が蛍光灯や太陽の光に当たっているだけでどんどん酸化が進み始めています

中には酸化しにくいプラスチック素材に入っているオリーブオイルもありますが酸素を透過にくい瓶タイプを選ぶのがベストでしょう

またプラスチック容器でも箱に入っているオリーブオイル容器は光が遮光されている為酸化が進むことがないので風味が失われることがありません

オリーブオイルを買うときは認証マークがあるラベルを選ぼう

おいしいオリーブオイルの選び方ですが次に見て欲しい所は瓶のラベル表記です、搾油産地がちゃんと書かれていますか?製造から加工までの場所がきちんと表記されていますか?

オリーブオイルを日本で正規販売するには日本語で書かれた原材料や『名称、原材料名、内容量、賞味期限、保存方法、原産国名、製造者・輸入者』が記載されていることが法律で定められています

つまりラベルに何も書かれていない瓶はどこで取れたか分からないオリーブから搾油されたオリーブオイルです

また農林水産省が認めたJASマークが付いているかを確認しましょう、JASマークは品位、成分、性能等の品質についてのJAS(一般JAS)を満たす食品や林産物などに付されます。

農薬や化学肥料、遺伝子組み換え技術などを使わず有機JASマークが付いている食品のみが「有機」「オーガニック」という表示を使えることになっています

有機JASマークの認証えを得るためには手間も費用も掛かる為JASマークが付いている事自体に安心感が得られます

酸度が低いオリーブオイルを選ぼう

おいしいオリーブオイルの選び方3つ目は酸度が低いオリーブオイルを選ぶ事です

IOC(国際オリーブオイルカウンシル)が定めるエクストラヴァージンオリーブオイルの定義は酸度0.80%以下のものだけでオリーブの実から直接絞って取り出した物だけがヴァージンオリーブオイルと呼ばれ原料に手を加え精製されたものは日本の食用油の基準を満たしていないため輸入することは出来ません

オリーブの収穫から採油までボトル詰めまでの時間をいかに早く行えるかが重要で、おいしいオリーブオイルは酸度が0.80以下がエクストラヴァージンオリーブオイルと表記される事が許されるわけです

エクストラヴァージンオリーブオイル酸度0.80%以下
ヴァージンオリーブオイル酸度2.0%以下
オーディナリーヴァージンオリーブオイル酸度3.3%以下
ランパンテ酸度3.3%以下酸化6.6を超えるオイル、味、香りが良くない

選び方に間違いなし【すこやか工房】オリーブハート

おいしいオリーブオイルの選び方をいくつか上げてきましたがそれでもよく分からないとゆう方もおらっしゃられると思います、そんなあなたに【すこやか工房】のオリーブハートをお勧めしたいです

【すこやか工房】のオリーブハートは3か月に2本づつ季節に合ったおいしいオリーブオイルをお家まで届けてくれます

料理のプロも認める最上級のオリーブオイル!『オリーブハート』

コメント

タイトルとURLをコピーしました